岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

2017年2月27日

午前5時10分に起床。

気温はー15℃程まで下がった。

f:id:kazunori-okamura:20170909000657j:plain

起きてすぐに目星をつけていた場所に移動する。

すぐにカンジキを履いて川沿いを歩く。

f:id:kazunori-okamura:20170909000708j:plain

奥に進むにつれて雪の深さも高くなるので、体力と寒さの勝負だ。ものの5分で手足の感覚がなくなった後、鈍い痛みに変わるが我慢。

f:id:kazunori-okamura:20170909000720j:plain

陽が段々と上がってくると、ビックリするほどの毛嵐が発生。逆光も強烈で感動的な光景を目のあたりにする。眩しいほどの黄金色の煌めきは何とも形容し難い。もしこの光景に白鳥や丹頂が居てくれたら百点満点だったんでしょうけど、無いものねだりは辞めましょう。

f:id:kazunori-okamura:20170909000735j:plain

時間が経つと、このように平凡に見えてしまう。

f:id:kazunori-okamura:20170909000748j:plain

温泉が湧き出ているように見える。

f:id:kazunori-okamura:20170909000808j:plain

厳冬期の北海道でよく見られるフロストフラワーも発生。いかに気温が下がったかを物語っている。

f:id:kazunori-okamura:20170909002722j:plain

午後は根室の春国岱に移動。小鹿がシャーベット状の沼地に嵌っていた。

f:id:kazunori-okamura:20170909002737j:plain

春国岱はバードウォッチングのメッカではあるが、鳥たちには目もくれずにエゾワラ密集地で夕日を撮影する。

f:id:kazunori-okamura:20170909002756j:plain

夕日が完全に見えなくなると、これからマジックアワーの始まりとなる。

f:id:kazunori-okamura:20170909002810j:plain

この世の終わりを思わせる、荒涼とした不気味さ。ここは間違いなく日本の光景だ。