岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

2017年2月20日

2時30分に起床。今日は早くから目が覚めてしまった。車のエンジンをかけてみると温度計はー12℃を表示している。お腹がすいたので朝食をと思いパンを食べようとしたが全て凍ってしまっている。仕方なく昨日買ったせんべいを食べた。

 

f:id:kazunori-okamura:20170622224950j:plain

4時に常呂漁港に移動し5時30分まで日の出を待つ。辺りが明るくなってきたので工事現場の中を通る形で海岸へ向かう。梯子に上り防波堤の上に登ってみると昨日辺りを埋め尽くすほど大量にあった流氷が沖合まで移動してしまっていた。

youtu.be

氷の板とシャーベット状の氷がぶつかり合う音が密度の低さを物語っている。

f:id:kazunori-okamura:20170622225003j:plain

気温は-14℃ 昨日に紋別のイオンで買ったフリースの手袋が意外に効果を果たしている。身体を動かさないと手足が鈍い痛みに襲われるので身体を小刻みに動かしながら撮影。毛嵐が発生。本州ではあまりお目にかかる事は難しいので非常に運が良かった。

f:id:kazunori-okamura:20170622225014j:plain

車の温度計は-16℃を表示している。植物を見てみると木の枝や葉には霧氷が付着している。日に当たると宝石のように輝く。

f:id:kazunori-okamura:20170622225033j:plain

斜里のガソリンスタンドで給油を終え、トイレで用を足し車に戻ろうとすると店の主人に声を掛けられ少しの間雑談をする。流氷を見に来たと告げると地元の話をしてくれた。昨夜-19℃まで気温が落ちたとの事。2月に入ってこれ程しばれるのは久しぶりの事らしい。しばれるというのは非常に寒いという意味。この地方のもっとも寒い時期は1月の中盤から後半にかけての事らしい。

f:id:kazunori-okamura:20170622225054j:plain

田園地帯から斜里岳を望む。

f:id:kazunori-okamura:20170622225116j:plain

ウトロに到着する。港は氷で埋め尽くされている。残念ながら曇ってしまい夕日を撮影することができなくなってしまったので斜里に戻る

f:id:kazunori-okamura:20170622225141j:plain

清里町道の駅パパスランドさっつるに行き、温泉にはいる。ここは3年連続で通っているお気に入りの温泉だ。受付のおばちゃんも変わっていない。

f:id:kazunori-okamura:20170622225205j:plain

何故パパスランドというのか気になり調べてみるとパパスとはスペイン語でジャガイモを意味する。売店では清里特産のジャガイモの焼酎が売られていた。

f:id:kazunori-okamura:20170622225229j:plain

玄関付近の氷のキャンドルを撮影していると、小さな子供に「何やってるの?」と声を掛けられた。まず自分から声を掛けることはあるが声を掛けられることはあまり無いので新鮮な驚きである。