岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

2017年2月19日

f:id:kazunori-okamura:20170622123548j:plain

6時30分に起床 5時10分に目覚まし時計をセットしていたが、すぐに起きることができなかった。アーモンドを食べながら、コーヒーを胃に流し込み、岡島付近の漁港で数カット撮影

f:id:kazunori-okamura:20170622123558j:plain

国道238号 オホーツクラインを東へと進む。昨日の悪天候が嘘のように穏やかだ。

f:id:kazunori-okamura:20170622123619j:plain

海沿いのオホーツクラインでは横殴りの風の道となり、軽い粉雪を巻き上げ、その姿は風の流れと呼応し変幻自在に流麗な舞を見せる。

f:id:kazunori-okamura:20170622123630j:plain

太陽に向かう形なので道路にこびりついたアイスバーンの照り返しが眩しい。

f:id:kazunori-okamura:20170622123643j:plain

粉雪が舞う姿は何とも素晴らしく車を止め撮影してしまう。

f:id:kazunori-okamura:20170622123706j:plain

興部付近の海岸で気になる波打ち際があったのでカンジキを履いて近づいてみる。

f:id:kazunori-okamura:20170622123721j:plain

綺麗な青空と流れる雲が相まって納得のいく写真が何枚も撮る事ができた。股近くまでずっぽり埋まる深雪があったので撮るべきか否か迷ったが面倒くさがらずに行動を起こしたのが良かったと改めて思う。やはり面倒くさいという感情は大きなマイナスを伴う。少しでも気になったら面倒臭がらずに行動を起こそう。

f:id:kazunori-okamura:20170622123732j:plain

17時 常呂に到着。オホーツク海は流氷で埋め尽くされていた。良い場所を見つけようと辺りを彷徨うがなかなか見つからず日だけが暮れてしまった。