読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

坊津

九州 軌跡

九州の外れの外れに坊津という港町が存在します。

時代の風化と共に現在では忘れ去られた存在ですが

遥か昔の古代から江戸時代中期まで、現在の中国、沖縄、南方諸国との

貿易の窓口として根拠地になった重要な港です。

 

訪れて一番驚いたのが平地の少なさで

狭い平地に民家がひしめき合い、路地裏を歩いてみると

人一人がやっと通れる道や、

登山をしているのではないかと錯覚するほどの急勾配の坂道

そして石垣やコンクリートで塗り固められた斜面など

坊津独自の景観は散策して飽きがきません

我々の慣れ親しんだ住みやすいインフラ環境が

いかに有難いものか実感させられます。

 

f:id:kazunori-okamura:20160128160022j:plain

f:id:kazunori-okamura:20160128160031j:plain

f:id:kazunori-okamura:20160128160102j:plain