岡村和則のブログ

肉体労働に従事する傍ら主にライフワークとして日本全国を旅して歩き各地域の古くから伝わる風俗や風習など 近年は漁業に対して強い関心を持ち漁業に携わる方々を積極的に取材。新聞社や写真展など様々な媒体で作品を発表

筒石

上越市から糸魚川市の間の国道8号線沿いに筒石は存在します。

ちょうど国道の真下に存在するので

恐らく予備知識なしに訪れたら必ず見落とすでしょう。

国道から下に降りると、そこには朽ちた木造の小屋が連なっていました。

時代に取り残されたという言葉が真っ先に頭に浮かび非常に寂しい感じがします。

現在、使われているのか使われていないのか定かではありませんが

日本海の荒波がより一層寂しさを際立たせる。

船小屋の真正面に夕日が落ちます。

夕日に照らされた船小屋は、さぞかし感動する事でしょう。

 

f:id:kazunori-okamura:20151008232036j:plain

f:id:kazunori-okamura:20151008232046j:plain

f:id:kazunori-okamura:20151008232057j:plain