岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

2日目

午前4時に起床。
道路脇には結構な量の雪が積もっています。
釧路を経由して国の天然記念物であるタンチョウに会う為に鶴居村まで向かいます。
午前9時に丹頂鶴自然公園に到着。
内容は省きますがこの丹頂鶴記念公園はあまりオススメしません。
11時頃に鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ到着。
ここは冬の期間に餌を与えている大給餌場で大勢のタンチョウが集まっています。
タンチョウ達の社交場といったところでしょうか?
ここでは求愛のダンスや威嚇、互いに鳴きあったり、
飛ぶ所も見ることもできるので大変に興味深く時間を忘れて観察をしました。
特に飛んでいる最中のタンチョウは非常に美しく優雅で素晴らしい。
動物にこれ程まで心を奪われるとは予想外です。絶対に来て損はしません。
必ず立ち寄るべき場所だと思います。

冷えきった身体を暖めようと
カーナビで温泉を検索して近くにある鶴居温泉に入湯します。
浴槽に浸かると身体中全体に針でチクチク刺されたような刺激が全身を襲います。
最初は不快で思わず声を出して悶え苦しみましたが、
慣れてくると不思議なもので不快から快感へと変わり、
非常にこの刺激が心地よく、とても印象の残る温泉地となりました。