読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

運転席から

車を運転していると、どうしても運転席から写真を撮りたくなる時があります。

(私だけかもしれないが・・・。)

 

1枚目がノシャップ岬で、宗谷岬と並んで日本の最果ての地であります。

周辺は寂れた漁村に囲まれ、辺りは何もなくひっそりとしていて

最果てという言葉がぴったり当てはまるほど、非常に寂しい場所でした。

大袈裟かもしれませんがもし冬の夕暮れ時にここを訪れたら

あまりの寂寥感に涙するでしょう。

 

この場所は珍しく灯台付近は柵や塀がありませんので車に乗っていながら

間近で夕日や海を望む事ができるのです。

f:id:kazunori-okamura:20140724020613j:plain

 

2枚目は宗谷丘陵で、日本に限った話ですがこれ程まで

現実離れした景色はここだけでしょう。永遠と見渡す限り草原が広がります。

実はこの宗谷丘陵は長野県の美ヶ原と一緒で、以前は鬱蒼とした

樹木に囲まれていたらしいのですが明治時代の山火事で木々が消失してしまい

風が強く気温も上がらない為に復旧せずに現在に至るそうです。

あまり知られてないので見落としそうですが

北海道に来たならば是非とも行くべき場所NO1です。

北海道は名所より穴場の方が感動的な出会いが多かったのが一番の印象です。

その穴場を発掘するのも北海道旅行の醍醐味かもしれません。

f:id:kazunori-okamura:20140724020625j:plain