読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

ふと思う事

都会の便利な生活に慣れきっていると、

感性の乏しくなってきている自分に気づく。

食べ物も徒歩で気軽に買いにいけるし、

欲しい物も自宅に居ながら何でも手に入る。

目的の場所もバスや電車を使えばすぐ行く事ができる

何もかもが便利が当たり前で何も感じなくなってしまう。

苦労を知らないので精神も身体も未熟になままだし

他人にも無関心にもなり人との関わりも気薄になる。

利便性や生産性を追求した結果として

出てくる益も重要だが害になる部分も決して目を逸らしてはならない

 

朝日や夕日の素晴らしさも、真夏の海の冷たさも

小鳥のさえずりも、新緑の草花の甘い香りも

畑の肥料の臭いも、ヒグラシの音色も、野生動物との攻防も

味わう事も無く一生を終える人もこれから出てくる事でしょう。

 

そんな生活が幸福といえるのだろうか?

仕事に大忙しとか多くの収入を得ているとか

大きな家に住んでいるとか重要な事なのだろうか?

 

不治の病に犯されたとき

仕事や収入の事を心配する事ができるのでしょうか?

 

本当の幸福とは、自然を感じ、自分以外の事に関心を示し

好きな人を見つけ、誰かを愛し、愛される事ではないでしょうか?

 

f:id:kazunori-okamura:20140512102306j:plain