岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

穴水 麦ケ浦

栄養豊富な穴水湾ではカキの養殖が盛んで

海岸線を巡ると牡蠣殻や養殖で使用するホタテの貝殻が良く目につきます。

そして羽咋や輪島の日本海とは対照的に穴水湾は入り組んだ内湾なので

非常に穏やかな里海と呼ばれています。

10年前に撮られた船小屋群の写真を頼りに散策し

運よく目的地に辿り着くことができたのですが

残念ながら護岸工事が進められ舟小屋群は跡形もなく取り壊され

岸辺はコンクリートで埋め立てられ拍子抜けしてしまった。

骨折り損の草臥れ儲けかと意気消沈しながら帰ろうと車を走らせると

目的地に程近い小さな漁港にポツンと屋根だけの簡素な船小屋が残されていた。

 

f:id:kazunori-okamura:20180128205856j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205909j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205926j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205941j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205956j:plain

奥原

和倉温泉の傍の七尾湾の入り江にも舟小屋が存在する。

この舟小屋は地元の方達からはカキ小屋と呼ばれ

カキの養殖で作業する為の建物である。

小屋から出てきた男性に声をかけてみると、

快く舟小屋の中を案内して頂き

中ではむきっ娘さんがナイフで器用に牡蠣の殻を剥いていた。

カキは冬のこの時期が一番の最盛期

さぞかし忙しいのではと聞いてみると、

このところの異常気象で沖に出られる日も少ないとの事。

f:id:kazunori-okamura:20180115183053j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180115182047j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180115182101j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180115182115j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180115182129j:plain

 

寺家

干潮の差が少ない日本海では舟小屋が数多く存在する。

木造の舟小屋群は東南アジアを連想させる。

今にも崩れそうな建物でしたが

この地に住む方たちの生活の臭いを感じ取る事ができました。

f:id:kazunori-okamura:20180114225039j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180114225108j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180114225126j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180114225335j:plain

能登半島

1月6日から11日までの6日間、能登半島を巡ってきました。

今現在は大雪でとんでもない事になっていますが私の滞在中は雪は積もっていても

ごくわずかで特に不便を感じることはありませんでした。

雪が積もっていることを想定していた撮影でしたので、

終始物足りなさを感じたというのが旅を終えての一番の感想です。

大雪をもたらす要因となった9日の爆弾低気圧にはこれまで感じた事のない

風の強さに圧倒されました。この風圧をどのように写真で表現できるのか

ずっと考えながら撮影に没頭していましたが結局これといった回答は見つからず

次回までの課題となったと思います。

 

f:id:kazunori-okamura:20180113120854j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180113120906j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180113120916j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180113120925j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180113120934j:plain

諸手船神事

12月3日、島根県松江市美保神社にて2大神事である諸手船神事が行われました。

朝9時ごろから昼の2時頃まで美保神社にて

TVドラマで見たような儀式を

食い入るように見学

荘厳な雰囲気に圧倒され貴重な休みを潰してまで来た甲斐があったと改めて実感。

f:id:kazunori-okamura:20171203183532j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203183624j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203183719j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203183907j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203183953j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203184123j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203184221j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171203184321j:plain

TOP Collection アジェのインスピレーション

東京都写真美術館で開かれたTOP Collection アジェのインスピレーションの

歓迎レセプションに参加してきました。

このウジェーヌ・アジェという方は約100年前のパリの貧しい人々を記録した写真家の様です。

一枚一枚食い入る様に見つめると、この時代の臭いというものが伝わってきます。

f:id:kazunori-okamura:20171201203525j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171201203501j:plain

f:id:kazunori-okamura:20171201203513j:plain