岡村和則のブログ

興味を惹かれたものを写真と共に綴っていきます

因島

f:id:kazunori-okamura:20180616214420j:plain

7時に起床。7時27分のフェリーに乗船する為に宿泊しているホテルの朝食など食べている余裕などなく空腹のまま三原港へと向かった。そのまま重井行のフェリーに乗船する。

f:id:kazunori-okamura:20180616214432j:plain

乗船している人たちを見てみるとこれから仕事で現場に向かうのだろうか?作業着を着た方達が多い。3年ほど前に乗船した鹿児島県の甑島行きのフェリーの事を思い出す。

f:id:kazunori-okamura:20180616214444j:plain

県道366号線をひたすら歩く。残念ながら海岸沿いは無機質なコンクリートで覆われていた。昨日は一日中雨だったので瀬戸内海は霧に包まれていた。気温は18℃程でTシャツ1枚だと寒く感じられた。

f:id:kazunori-okamura:20180616214500j:plain

海岸線をあるいて気になった事、それはあまりにもゴミが多いこと。空き缶、タイヤ、鉄くず、サンダル、電球、目についただけで多種多様なゴミが目に飛び込んでくる。今年の初めに訪れた能登半島の海岸線でもゴミが目立った。

f:id:kazunori-okamura:20180616214510j:plain

瀬戸内海は波が穏やかで大人しい。瀬戸内海で漁師をするのも悪くない。

f:id:kazunori-okamura:20180616214521j:plain

11時に土生港に到着。8時頃に重井港を出発したので3時間かけて歩いてきたことになる。グーグルマップで経路を調べてみると9km程あり時速3kmのペースだ。約6kgのリュックを背負うと両肩がこってしまった。3時間あるいただけなのに予想外の疲労感を感じてしまう。

 

土生を見渡せる荒神社からの眺め。狭い平地に家々が密集しているのが分かる。この因島も過疎が進み、空き家が多いことだろう。

f:id:kazunori-okamura:20180616214531j:plain

内海造船の作業風景を高台から見学。巨大なクレーンで船の部品を持ち上げる光景に思わず見入ってしまった。120トンまで持ち上げられるのだから恐れ入る。3代のクレーンで歩調を合わせる様に慎重な作業に感心してしまう。小さなミスでも大事故に発展する事を考えると操縦している人の責任も重大である。

須崎にて

久しぶりの更新になります。

5月7日から11日までの5日間、高知県須崎市の漁師の方達を

密着取材させて頂きました。

漁師の方たちの一挙手一投足に見惚れてばかりで、その輪の中に入りたいという

思いをこらえながらの撮影だったと思います。

漁を終えて港に帰る船の上で、ふと隣の方の表情を見てみると

物凄く穏やかというか充実感に溢れた表情をされていました。

都会の満員電車に揺られているサラリーマンとは対照的で

とにかく皆さん表情が明るく活き活きとしている。

南国土佐の漁師の方達と触れ合う中で都会の型にはまった日常がいかに

味気ないものにさせるか思い知らされました。

今現在の日常に違和感を感じてしまい昨日帰ってきたばかりですが

もうすでに逆ホームシックにかかってしまっています。

 

f:id:kazunori-okamura:20180513002146j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002203j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002212j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002226j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002241j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002257j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002308j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180513002319j:plain

魚市場

高知県のとある魚市場にて特別に許可をいただき撮影させて頂きました。

魚市場に足を踏み入れた途端、童心に帰り無我夢中に競りを見学

水揚げされたばかりの魚たちがずらりと並び見ていて飽きが来ません。

カゴに並べられた魚たちが幾らで取引されるのか興味深く拝見

滞在中は毎日の様に足を運んだので市場の方たちに

顔を覚えて頂きちょっとした世間話ができるようになったりして結構馴染みになり

また行きたいと思う場所がひとつ増えました。

f:id:kazunori-okamura:20180129221326j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129215731j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129215740j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129215750j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129215759j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129215806j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180129222506j:plain

うおいち

穴水 麦ケ浦

栄養豊富な穴水湾ではカキの養殖が盛んで

海岸線を巡ると牡蠣殻や養殖で使用するホタテの貝殻が良く目につきます。

そして羽咋や輪島の日本海とは対照的に穴水湾は入り組んだ内湾なので

非常に穏やかな里海と呼ばれています。

10年前に撮られた船小屋群の写真を頼りに散策し

運よく目的地に辿り着くことができたのですが

残念ながら護岸工事が進められ舟小屋群は跡形もなく取り壊され

岸辺はコンクリートで埋め立てられ拍子抜けしてしまった。

骨折り損の草臥れ儲けかと意気消沈しながら帰ろうと車を走らせると

目的地に程近い小さな漁港にポツンと屋根だけの簡素な船小屋が残されていた。

 

f:id:kazunori-okamura:20180128205856j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205909j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205926j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205941j:plain

f:id:kazunori-okamura:20180128205956j:plain